面接準備のポイントを紹介!日本での面接を突破しましょう

仕事探しノウハウ Relesed:Nov 18, 2019
面接準備のポイントを紹介!日本での面接を突破しましょう

画像素材:PIXTA

仕事の面接を受けることは仕事を得るためのとても大切なステップです。日本の面接はあなたの国の面接とは異なる部分も多いはずです。 日本の面接をうまく乗り切るために、私たちは面接の前に何をすればいいのでしょうか?
今回、この記事では
・面接の前に準備すべきこと
・面接を受ける際の服装
・面接を受ける前に知っておきたい日本の作法
について解説しています。
この記事を読んで、面接をうまく乗り切ってください!

1、面接の前日までに準備すること

あなたが面接を受ける前日までに、いくつか準備をしておかなければならないことがあります。これから説明することをしっかり準備してから、仕事の面接を受けましょう。

■どのくらい働けるのか確認しておく

まず、あなたがどれくらい働けるか確認しましょう。 アルバイトの場合、あなたが週にどれくらい働けるかがもっとも重要です。面接官も必ずあなたが働ける頻度について質問して来るでしょう。 だから、
・週にどれくらい働けるか(例えば、平日17時以降など)
・働くことができる期間(例えば、学校を卒業するまでの2年間など)
を前もって知っておきましょう。

■面接会場への行き方を確認しておく

次に面接会場への行き方を確認しておきましょう。 日本では遅刻することは良くないことだとされてます。 遅刻しないように前もって地図で面接会場の行き方を確認しましょう。 また、遅刻しそうな時は前もって面接会場に連絡して、何時に着くか伝えましょう。

■仕事の内容をしっかり理解しておく

面接を受ける予定のお店の情報を調べておきましょう。お店の情報は口コミサイトやお店のホームページなどで確認できます。可能であれば、実際にお店で食事をしてみると良いでしょう。 お店について知ることで、具体的な仕事内容やそのお店で働きたい理由を詳しく知ることができます

■持ち物を確認する

基本的に面接官に「持ってきてください」と伝えられた持ち物を持っていけば大丈夫です。 多くの面接では以下の道具を持っておくと安心でしょう。
・履歴書
・職務経歴書
・筆記用具とメモ
・携帯(面接中はマナーモード)
・印鑑

印鑑ってなに?

印鑑は署名の代わりとして使用されるスタンプのことです。 日本ではサインをする代わりに印鑑を使っています。 古くから日本では大事な契約書に署名をする時に印鑑を使用してきました。今でも契約に了解したことを示す際に印鑑を使用しています。これは日本の一つの文化とも言えるでしょう。

■質問の受け答えを練習しておく

面接の前に、面接でどんな質問をされるか考えてから、質問の受け答えの練習をしましょう。 質問されることが事前に分かっていれば、スムーズに受け答えができるようになります。 日本語の質問にも答えやすくなるはずです。
本番に備えて、質問の受け答えの練習をしておきましょう!

>> 面接ではどんなことを聞かれる?受け答えの具体例はこちら

2、面接での服装について

アルバイトの面接と正社員の面接では服装は異なります。 服装の指定がない場合をのぞいて、正社員の面接を受ける場合はスーツで面接に行きましょう。 アルバイトの面接の場合は清潔な格好で面接にいくのが良いでしょう。
今回はアルバイト面接での服装の具体例を紹介します。
本番に備えて、質問の受け答えの練習をしておきましょう!

■いい服装例(男性)

・髪型
前髪が目にかからないようにしましょう
・上半身
無地または淡い柄のシャツが良いでしょう
・下半身
きれいめの長ズボンがいいでしょう。ゆるすぎるズボンは避けましょう。
・足元
スニーカーや革靴がいいでしょう。

画像素材:PIXTA

■いい服装例(女性)

・髪型
清潔感のある髪型にしましょう。髪が肩につく場合はまとめておくとよいです。
・上半身
無地または淡い柄のブラウス、またはシャツが良いでしょう
・下半身
長いパンツ、もしくはスカートがいいでしょう。短めの服は避けましょう。
・足元
きれいめのブーツやスニーカーがいいでしょう。

画像素材:PIXTA

3、気をつけたい4つの日本のマナー

日本の面接においてはマナーが重要です。 外国人の方があまり理解していないマナーを4つ紹介します。

1、遅刻はしてはいけません。5分前に着くようにしましょう

日本では遅刻がタブーとされています。遅刻しないようにするために面接の五分前に会場に着くようにしましょう。

2、面接の前におじぎとあいさつをしましょう

面接をする前に、面接官におじぎとあいさつをしましょう。 お辞儀は相手に敬意を表す作法です。この作法ができないと、マナーが分からない人だと思われてしまいます。 逆にお辞儀とあいさつがしっかりできると好印象を保たれます。

・お辞儀のやり方 (動画です。音量にご注意ください。)

面接をする前にはあいさつのおじぎをしましょう。 おじぎの角度は30度がオススメです。

3、面接が終わったら、「ありがとうございました」と言おう

面接が終わった後に「ありがとうございました」と言いながら、おじぎをしましょう。 これも日本では一般的な作法です。 この時もおじぎの角度は30度がオススメです。

画像素材:PIXTA

4、面接官のお話を最後まで聞こう

話の途中で質問があっても、面接官のお話を最後まで聞きましょう。 話を最後まで聞くと、日本人は良い印象を持ちます。

事前準備をしっかりして、面接に受かろう
いかがでしたか?
日本の面接では特に
1、事前準備
2、服装
3、マナーの理解
の3つが大切になります。
準備をしっかりして、マナーを守れば、きっと面接に合格することができるでしょう。 それでは頑張ってください!あなたが面接に合格することを祈っています!